種類

ドライキャットフードってどんなもの??おすすめのドライキャットフードをご紹介

ペットフードを購入しようと思い、ペットショップに行ったりインターネットで検索したりしてみると、様々なタイプの商品があり迷ってしまうことってありますよね。

愛猫の特徴やキャットフードの使用目的によってしっかりと使い分けることが大切です。

そこで今回は、現在お取り扱いのあるキャットフードのタイプ「ドライタイプ」「ウェットタイプ」「セミモイストタイプ」のそれぞれの特徴をご紹介してきたいと思います。

最後はドライタイプのキャットフードに焦点を当てて、商品のご紹介もしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードの種類について

一言でキャットフードと言っても、主に3つの種類があります。そこでまずはキャットフードの種類について詳しく解説していこうと思います。

ドライタイプの特徴

ドライタイプは賞味期限が長いのが特徴。水分量が少ないため、しっかりと管理することで長期間保存することができます。

また、配合されている栄養バランスが良いだけでなく、硬い触感のため顎を鍛えたり歯のお手入れができたりするのもポイントでしょう。

ドライフードを食べている際、猫は喉が渇きやすいため、お水を用意しておくことを忘れないでくださいね。

お買い得商品など大量に入っている商品を購入した場合には、しっかりと密閉して保管することが大切です。

ウェットタイプの特徴

ウェットタイプはドライタイプのものと比べて香りが強いため、猫の食いつきも良いキャットフードと言えるでしょう。販売されている味の種類も多いですので、食べ物に好みのある猫にも有効です。

また、ウェットタイプのキャットフードは11食を個別に梱包しているものが多く、日持ちが良いのも特徴的です。

ただし、値段が高かったり歯石が付きやすかったりなどのデメリットもありますので、覚えておいてくださいね。

セミモイストタイプの特徴

セミモイストタイプと聞いてあまり馴染みが無い方もいらっしゃるかもしれませんが、水分量が2540%と比較的柔らかいキャットフードをセミモイストタイプと言います。

ドライタイプとウェットタイプの長所を併せ持つハイブリッドなキャットフードで、何かのご褒美やおやつとして使用する方が多くいらっしゃいます。

ただし、常に半分は生の状態ですので、腐りやすいのが難点。それを防ぐために、添加物が多く使用されている商品もあります。

おすすめのドライキャットフードをご紹介します!

これまではキャットフードの種類についてご紹介してきましたが、この中でもドライタイプのキャットフードが欲しい!という方のために、おすすめのドライキャットフードについてご紹介していきたいと思います。

モグニャン

 まずご紹介するドライタイプのキャットフードが「モグニャン」です。

グレインフリーで着色料や香料を一切使用していませんので、どんな猫ちゃんにも安心して食べていただくことができます。

もちろん猫の食いつきだって一級品!!食欲をそそる香りの白身魚や良質な炭水化物源となるサツマイモを使用しているため、どんなライフステージの猫にでも美味しく健康に食べていただけるでしょう。

今なら最大20%OFFで購入することができますので、興味のある方にはぜひお早めにお試ししていただきたい商品ですね。

シンプリー

次にご紹介するドライキャットフードが「シンプリー」です。

猫のさまざまな健康リスクに配慮した黄金バランスで材料をブレンドしていますので、愛猫の健康維持を大きくサポートしてくれること間違いなし!

また、猫の食欲をぐっと駆り立てるような濃厚なフレーバーがありますので、食いつきも問題ないでしょう。

シンプリーはペットの先進国と呼ばれているイギリスの中でも、特に評価と信頼性が高いペットフード専門工場で作られていますので、安心安全な商品で間違いありませんね。

ピュリナ ワン

ピュリナ ワンはとにかく配合成分に優れたキャットフードです。

成長と健康のために必要な栄養素がバランスよく配合されているだけでなく、優れた消化吸収性や高い栄養価、さらにはバツグンの美味しさまでをも兼ね備えていますので、避妊や去勢手術をした子猫から、なかなか食べ物が喉を通らない老猫まで全てに対応することができます。

まとめ

今回はキャットフードの種類から、おすすめのドライキャットフードまでをご紹介してきました。

ドライタイプのキャットフードは、もはやキャットフードの定番と言ってもいいでしょう。

猫を飼っているお宅なら、必ずと言っても良いほど一度は使ったことがある商品となっております。

上記でご紹介したドライキャットフード3商品は、どれも栄養価や吸収率にとても優れている商品です!!興味のある方はぜひ1度公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか??