種類

ウェットタイプのキャットフードは良いの??メリットやデメリットをご紹介

キャットフードと一言でいっても、カリカリするドライタイプのものから、一見私たちにも食べられそうなウェットタイプのものまで数多くの商品がありますよね。

中でも最近ではウェットタイプのキャットフードを使用する方が多くなってきております。

そこで今回は、ウェットタイプのメリットやデメリット、さらには私がおすすめする商品まですべてご紹介していきます!!

ウェットタイプのキャットフードのメリット

今では数多くのご家庭で使われるようになったウェットタイプのキャットフード。

そんなウェットタイプのキャットフードにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?まずはウェットタイプのメリットからご紹介していきたいと思います。

水分補給に適している

ウェットタイプのキャットフードとは、主に水分含有量が75%以上のものを指します。

猫はもともと砂漠で生活していた生き物ですので、水分補給がとても苦手な動物。

そのため、水分を多く含んだウェットタイプのものは、栄養を摂るだけでなく水分補給にも適したキャットフードとなっています。

猫の食いつきが良い

ウェットタイプのキャットフードはドライタイプのものと比べて香りが良いという特徴があります。

また、柔らかくて喉の通りが良いため、子猫から老猫まで全てのライフステージで食いつきが良いんです。

毎回新鮮なものを与えることができる

ドライタイプのキャットフードって大きな袋にひとまとめにして入っていることが多いですよね。

一方で、ウェットタイプのキャットフードは11食が別で梱包されている商品がほとんどです。

そのため、食事を与えるごとに開封することができますので、毎回新鮮なものを与えることができます。

ウェットタイプのキャットフードのデメリット

それでは次にウェットタイプのキャットフードのデメリットについて見ていきましょう。

開封後は保存がきかない

上記でもご紹介してきましたが、ウェットタイプのキャットフードは11食が梱包されている商品がほとんどです。

ウェットタイプのキャットフードは毎回新鮮なものを与えられる反面、水分を多く含んでいるため開封後の保存がきかないということを覚えておくようにしましょう。

添加物が使われているものも多い

ウェットタイプのキャットフードは常に水分を多く含んでいるため、細菌が繁殖しやすくなっています。

このようなことから、保存料などの添加物を使用して品質を維持しているものが多いんです。

今のところ添加物による被害などについては報告されていませんが、多少のリスクがあるということは覚えておきましょう。

高価なものが多い

ウェットタイプのものはドライタイプのものと比べて、単価の高い商品が多いです。

これは製造過程でコストがかかってしまっているのはもちろんですが、1日で使い切れる分量を缶詰にして個別販売しなければいけないものひとつの理由となっています。

私がおすすめするウェットのキャットフードはコレだ!!

それではみなさんのお待ちかね、私がおすすめするウェットタイプのキャットフードをいくつかご紹介していきたいと思います。

各商品の特徴についても記載しましたので、購入の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

カナガン

カナガンはペットフード業界の方や飼い主さんから高い信頼・評価をいただいているとても人気の商品です。

「最高レベルの美味しさとベストな栄養バランス」をモットーに、みなさんの愛猫の健康を末永くサポートしてくれます。

もちろん品質管理も徹底されており、「賞味期限が切れていないか」「梱包材に穴はあいていないか」など、2回にわたって行われていますので、安心安全な商品だといえるでしょう。

添加物に関しても一切使われておりませんので、心配することなしですね!

シシア

キャットフード「シシア」は100%ナチュラル原料で作られてたとても品質の高い商品で、人間が食する品質基準HACCPの認証も取得しております。

もちろん無添加・無着色料なうえに、化学防腐剤もフリー!!

香りと風味が豊かなキャットフードですので、きっとみなさんの愛猫も喜んでくれるのではないでしょうか??

ジャガー

最後にご紹介するウェットタイプのキャットフード「カルカン」はお近くのホームセンターでお手軽に買うことができる商品。みなさまの愛猫の年齢に合わせてさまざまな商品がご用意されております。

子猫の体重は一年間に2040倍に増えることはご存知でしょうか?これらの大切な成長期にしっかりと土台作りができるよう、カルカンではバラエティに富んだ成分が豊富に配合されているんです。

まとめ

今回はウェットタイプのキャットフードについてメリットやデメリット、さらには私がおすすめする商品までご紹介してきました。

これまでの内容をおさらいしていきますと、ウェットタイプのキャットフードは比較的高価で日持ちしない反面、水分が多くとても食いつきが良いのが特徴です。

上記でご紹介した3商品はどれも、美味しさ栄養バランスに優れた商品!!

どれにしようか迷っている方はぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね。